代表あいさつ

代表あいさつ

株式会社デリバリーコンサルティングは、2003年4月の設立以来、ITコンサルティングとアウトソーシングを融合し、お客さまにとって、より付加価値の高いサービスの提供を目指して事業を行ってきました。
数々のプロジェクト遂行により蓄積したマネージメント力・技術力の向上、10年におよぶタイ、ベトナムといった海外拠点の連携により、お客さまへ確実にサービスを「デリバリー」していく能力は、より安定したものとなりました。

近年、クラウドコンピューティングが発達し、IoT、ビッグデータ、AI、RPAなど新たな技術が生まれ、これまで以上にテクノロジーを使ってどのようにお客さまのビジネスを高度化していくかということが重要になってきています。

株式会社デリバリーコンサルティングは、「テクノロジー・コンサルティング」を強化するとともに、「オープン・イノベーション」による自社発信の革新的な製品・サービスをお客さまに提供していきたいと考えます。

デリバリーコンサルティングの「テクノロジー・コンサルティング」とは

クラウド、AI、RPAなどの情報技術に関する深い考察と高度な実装力をもって、お客さまの新しいビジネス価値をIT主導で提供すべく、「テクノロジー指向のコンサルティングサービス」をご提供してまいります。

デリバリーコンサルティングの「オープン・イノベーション」とは

「テクノロジー・コンサルティング」の知見を活用し、国内外の最先端ITソリューションを理解し協業することにより、クラウド、IoT、RPAなどの分野でオリジナルのサービスをマーケットに発信してまいります。

これからも皆さまのご支援、ご指導を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

代表取締役社長 阪口 琢夫

代表者略歴

1964年生まれ。九州大学農学部修士課程卒業後、アーサーアンダーセンアンドカンパニー(現アクセンチュア)に入社。製造業を中心に大規模システム構築プロジェクトを手がける。その後、トランスコスモス株式会社取締役を経て、2003年に株式会社デリバリー設立。現在に至る。