HOME > キャリアパス

キャリアパスCAREER PATH

キャリアパス
CAREER PATH

技術力を磨きつつコンサルタントの道へ

部分的なプログラムを行うプログラマから始まり、顧客と直接対話して要望を形にするシステムエンジニア(SE)、プロジェクト全体の進行管理を担うマネージャ、テクノロジーを活用した顧客への提案を行うコンサルタントとステップアップ。専門性を高め、高い技術をもって新しいサービスを提供するスペシャリストの道もあります。

プログラマ
プロジェクトチームの一員としてプログラミングを担当。顧客の意向を理解し、スケジュールや品質を意識して行動できることが目標。
システムエンジニア
プロジェクトマネージャのサポートのもと、顧客の求めるものを自ら考えて設計、開発。小規模な案件であれば、独力でプロジェクトをリードできる。
スペシャリスト
技術への高度なスキルと知見を持ち、新技術を取り入れた新たなサービスの企画や構築を行う。メンバーの技術力を高める教育・指導もできる。
プロジェクトマネージャ
中規模プロジェクトについて、さまざまな技術を駆使してシステムを設計。複数のチームを取りまとめ、プロジェクト全体を進めることができる。
コンサルタント
大規模、または専門性の高いプロジェクトを主導し、テクノロジーを活用した顧客への業務改善提案などを行う。会社、組織運営にも関わる。

教育研修
TRAINING

約6カ月の研修でじっくり技術を習得できます

入社後3カ月間は社外で「プログラミング研修」を受講。その後は「OJT」として実際のプロジェクトを通じて腕を磨きます。合計6カ月、じっくり技術を習得できるので、文系学部出身でも活躍している社員がたくさんいます。その後も新技術の勉強会や他のプロジェクトの共有など、必要に応じた研修の機会があります。

ページの先頭へ