ipaS バージョンアップのご案内(ipaS 1.2.3)

お客さま各位

ipaS をVer1.2.3にバージョンアップを行います。
バージョンアップ詳細については、以下をご確認ください。

リリース日
2018年10月11日
リリースバージョン
Ver1.2.3
バージョンアップ費用
無償
  • プロダクトライセンス、サブスクリプションライセンスいずれのお客さまも無償にてご提供いたします。
バージョンアップ・リリース内容
  • Javaのバージョンをアップデート(Java8u181)
  • 複数のipaS設定画面間でコマンドをコピー&ペーストできる機能を実装
  • Input, Typeコマンドにクリック後の待ち時間を指定するオプションを追加
  • WheelUp, WheelDown, Input, Typeコマンドについて、Shiftキーを押しながらボタンクリックすることでターゲット画像不要コマンドを追加できるよう変更
  • マウス・キーボードコマンドについて、キャプチャの範囲選択後に続けてクリック位置を指定する機能を追加(デフォルトはオフ)
  • If-Eval, While-Evalのコマンドにて簡易的に設定できる機能を追加
  • GoToコマンドのオプション項目について固定タブ名と変数名を入力する欄を追加
  • インストール時にwebモジュールの更新を判断するオプションを追加
  • レポート出力のパフォーマンス向上
  • 設定画面のフォントを「MSゴシック」から「メイリオUI」に変更
  • プラグイン機能の追加、更新
  • その他、不具合修正

ご利用中のipaSをVer1.2.3にバージョンアップご希望のお客さまは、お気軽にサポート窓口までご連絡ください。

ipaSサポート窓口:ipas-support@deliv.co.jp