代表あいさつ

代表あいさつ

阪口 琢夫

当社は、国内外の最新テクノロジーの発掘・評価から日本企業への提案・導入、高品質なITプロジェクトの計画・実現を行うテクノロジーコンサルティングカンパニーです。創業から18年間、独自のシステム構築フレームワーク「デリバリーアプローチ」を錬磨し、コンサルタントの育成に力を注いでおります。

現在、200社を超える企業のデジタル化を支援する機会をいただき、皆様からの大きな期待を糧に、着実に信頼と実績を積み重ねております。

  • お客様のDX推進を支援するデジタルPMO
  • モダンとレガシー双方の長所を生かしたシステムの全体最適化
  • クラウド・SaaSを活用したレガシーシステムのモダナイゼーション
  • ビジネス変革に欠かせないデータの分析・利活用
  • AI・RPAを活用した業務のオートメーション化

これらによって、事業の規模、デジタル化の進展状況に応じた最適な形で、お客様のビジネスのデジタル変革を支援いたします。

おかげさまで当社は、2021年7月東京証券取引所マザーズ市場へ上場いたしました。これからも独立系テクノロジーコンサルティングカンパニーの強みである公平性・透明性・中立性を活かし、お客様にとって本当に必要なテクノロジーを選定・提案・導入し、デジタル変革を推進してまいります。

今後とも変わらぬご指導・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 阪口 琢夫

代表者略歴

1964年生まれ。九州大学農学部修士課程卒業後、アーサーアンダーセンアンドカンパニー(現アクセンチュア)に入社。製造業を中心に大規模システム構築プロジェクトを手がける。その後、トランスコスモス株式会社取締役を経て、2003年に株式会社デリバリー設立。現在に至る。