ニュース

「多忙な経理の仕事を軽くする。経理RPAの現場実例を紹介」セミナーのご案内(7/27Webinar開催)

緊急事態宣言発令後も多くの企業でテレワークへのシフトが継続されていますが、経理部門のご担当者は、デスクワークでありながら、特定業務やシステム環境の問題で出社せざるえないといった事情を抱えておられるケースも多いのではないでしょうか?
この度のセミナーでは、
・テレワーク下における経理業務の課題
・自動化対象となる経理業務の例
・RPAで自動化し、効率化できた実例 など
経理業務ご担当者の出社回数、時間の軽減を図っていただくためのヒントをご紹介いたします。
経理業務、伝票処理業務の業務改善、効率化をご検討の方は是非ご参加ください。

 

テレワーク下でも、経理処理のために出社。ますます多忙な経理担当

緊急事態宣言解除後もテレワークが定着しそうですが、経理担当者は辛い状況にあります。
経理プラスの2020年4月の調査によると、8割の経理担当者が出社を余儀なくされているとのデータが示されました。
2021年1月のSansanの調査でも、82%の社員が請求書対応で出社していることが明らかに。
経理担当の出社の主な理由は、請求書業務だけではありません。決算業務や振込処理など経理のルーティンも対象になります。
全社でテレワーク中でも経理だけ出社している…、という辛い経験をされている方も多いのではないでしょうか?
感染症対策の観点でも、出社必須は社員の衛生上の問題点があると言えます。

 

請求書発行や入出金管理をRPA化したいが、結局負担が増えるのではないか?

請求書発行、入出金管理、振り込み処理、管理会計など経理業務は多岐に渡り、RPA化は現実的にはそう簡単ではありません。社内のシステムを使わないといけない業務あるでしょう。ロボット化してエラーが起きた際に誰が対応するのでしょうか?経理部門の現場としても負荷がかかり、情報システム部門に依頼する場合にも負担が増えるのではないかと不安になるのも当然です。

 

RPA対象業務がそんなに多くないのではないか?

さらに、RPAを導入したが、そもそも自動化できる業務がどれだけあるのかわからない、どの業務をRPA化したらよいのかわからないという懸念もあります。部内の少量業務のために、全社のシステム部門に管理・サポートを依頼するのも難しく、導入ハードルが上がってしまいます。

 

経理の仕事を軽くするには、自ら動くしかない

経理担当がテレワークをベースにした働き方にシフトするためには、RPAの内製化が一つの鍵になります。局所的な少量の業務を情シスに頼ることもできず、外注をするにしてもコストが高く、社内承認が下りません。経理自ら、設定から運用保守までできることが一番ラクなのではないでしょうか?

 

再現性の高い「経理部門向けRPA」実例と導入の進め方をご紹介

本セミナーでは、経理部門でのRPA活用実例をテーマに、デリバリーコンサルティングの業務効率化RPAツール「ipaSロボ」の製品紹介および、さまざまな業界の経理業務効率化事例を解説します。どのようにRPAを進めていくと上手くいくのか、社内稟議をどのように通すのかを経理部の現場の声を元にお話いたします。

 

開催概要

日時 2021年7月27日 13:00~14:00
場所 ZOOM
プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:40 出社前提・多忙な経理部の仕事を軽くしたい。経理が自走できるRPAの現場実例を紹介(デリバリーコンサルティング)

  • テレワーク下における経理業務の現状と課題
  • 自動化対象となる経理業務の例
  • RPAで効率化できた経理業務の実例紹介
  • 経理でRPAを導入する際に発生する社内問題(情シスに管理してもらうのか?運用保守まで自部署でやるのか?)
  • 非IT職でもデキる業務効率化RPAソリューション ”ipaSロボ”製品デモ

13:40~14:00 質疑応答

主催 株式会社デリバリーコンサルティング
当日会場アクセスに関するお問合せ zoom@osslabo.com
セミナー事務局 マジセミ株式会社
注意事項

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕

株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548

参加お申し込み

本セミナーに参加をご希望のお客様は、下記サイトよりお申し込みくださいます様お願いいたします。

https://majisemi-business.doorkeeper.jp/events/124320