ニュース

デリバリーコンサルティング 東京証券取引所マザーズ市場に上場 テクノロジーコンサルティングで企業のDX推進を支援

2021年7月29日、株式会社デリバリーコンサルティング(本社:東京都港区高輪1-3-13 NBF高輪ビル5F/代表取締役: 阪口 琢夫/以下DLC)は、株式会社東京証券取引所(以下、東京証券取引所)マザーズ市場への新規上場を行いました。


DLCは創業より、高いシステム構築力をベースにテクノロジーコンサルティング事業を伸長させてきました。本格的なDX時代の到来における多くの企業からの多様なニーズに応え、さらに事業力を強化し、次代の成長を目指します。


DLCは、DXの本質は「企業が持つデータの分析・活用で新たな価値を創出する」ことにあると捉えます。DX推進の両輪となる「システム構築」「データ活用」のサービスを提供できることがDLCの特長です。


DLCのテクノロジーコンサルティングは

  • モダンとレガシーの技術を融合し全体最適化する技術力
  • 国内外の優れた最新技術を発掘し、日本企業向けに提案するテックアンテナ力
  • 顧客企業のDX推進力を強化するIT内製化支援
  • 独自のシステム構築フレームワーク「デリバリーアプローチ」によるITプロフェッショナル育成

によって、企業のDX推進を支援します。


上場によって強固な財務基盤を築き、人材育成にさらに注力しテクノロジーコンサルティング力を強化、企業のDX成功を実現し日本産業界の発展に貢献します。